妻が正社員の場合、夫の税金上の扶養には入れないと思っている方がほとんどですが、実は、配偶者控除や配偶者特別控除を使えるケースも少なくありません。知らないと、税金を納め過ぎになるばかりか、保育料も高い金額になるかもしれませんよ。 ・夫の方の収入が多く、妻は別のローンを組んでいたのでそうしました。(30代/男性/正社員) ・夫の方がもちろん年収が多く、妻は出産や育児休暇、育児の為の短時間勤務と働き方も変則になることが予想されたため。(50代/女性/正社員)

その他(就職・転職・働き方) - 現在、正社員で働いてるのですが、二人目妊娠(3か月)に伴い時短勤務をさせていただくことにしました。 今までは月収12万ほどだったのですが、これからは月収10万程度 … 正社員が得る年収は一般的には201.6万円を上回るが、育児中の女性の場合は、育児休業や短時間勤務などにより一時的に年収が201.6万円を下回ることも少なくない。 例えば、4月に育休から職場復帰した人がその年に受け取る給与は、12月までの9ヵ月分だけだ。 たとえば夫が正社員で働いていて、妻が契約社員という場合に夫の扶養に入れるかどうかということですが、これは妻の契約社員としての 収入で判断 します。 所得税 108万以下; 健康保険 130万未満 「健康保険と所得税の扶養の違い」
会社員の夫とパートの妻 会社勤めの夫です。年末調整について質問します。配偶者(妻)も会社勤めの正職員なのですが、休職明けで所得が少ない(100万円前後)ため、配偶者控除・配偶者特別控除(制度改正でどちらか片方になりました)を考えています。そこで 会社員の夫と契約社員や派遣社員の妻 40歳の共働き夫婦で、夫の年収が500万円、妻が300万円です。お互い60歳までこの年収で働く予定の場合。 夫:月額約15.5万円 妻:月額約12万円 夫婦の合計:月額約27.5万円 3. 2. しかし結婚してから、夫は折に触れて、自分だけ正社員じゃなくてごめんよ、と口にした。 娘は私の扶養だし、住宅契約も私名義。少し引け目があったのだろう。 「妻が非正規雇用の家庭も多いし、夫婦どっちもが正社員じゃなくてもいいじゃない。