今年発表された嬉しいニュース ~zシリーズのシリンダーヘッドの再生産ついに『カワサキ』が旧車・フラッグシップモデルの部品供給に乗り出しました今年(2019年)何かと話題性の多い川崎重工業。鈴鹿8時間耐久・優勝、250ccでの四気筒エンジン搭 今回再販されるシリンダーヘッドのCG(転載元:Kawasaki - RIDEOLOGY@Kawasaki.RIDEOLOGY Facebook) 今も語り継がれる名車、カワサキ Z1 / Z2。今年3月に、川崎重工モーターサイクル&エンジンカンパニーは、Z1 / Z2のシリンダーヘッドの再販を決定した。 現代に蘇ったシリンダーヘッド。 カワサキのモーターサイクルを象徴する歴史的なモデル「750RS(以下、Z2)」とその輸出仕様である「900 super4(以下、Z1)」。 z1/z2のシリンダーヘッドが間もなく受注開始予定!? 再生産するのは「Z1」&「Z2」のシリンダーヘッドと周辺パーツ! さて、今回カワサキが再生産するのを発表したのは、「750 RS」(1973年発売。以下、Z2)と、その輸出仕様である「900 Super 4」(1972年発売。以下、Z1)シリーズのシリンダーヘッドです。 東京モーターショー2019のカワサキブースでは「z h2」「ninja zx-25r」「w800」などの注目モデル以外にも見所が満載なのですが、そんなカワサキブースの一角に気になる展示品がありました。 カワサキが誇る歴代名車の中でも特に人気の高 …