著作権法では、学校その他の教育機関では「必要と認められる限度において」著作物の複製が認められます(著作権法第35条)。ただし、営利目的の教育機関は除外されるため学習塾などは対象外となりま … 学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。 高校用教科書の指導のポイントなどが掲載された教員向けの「指導書」を無断で複製したとして、道警は20日、著作権法違(著作権侵害)の疑いで、函館と東京、兵庫、静岡、岩手の50代~60代の学習塾経営者の男ら5人を逮捕したことが同日、捜査関係者への取材で分かった。 著作権法第35条第1項 学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者及び授業を受ける者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。 著作権法が改正されたのをご存知でしょうか。この改正により、授業で著作権の切れていない小説や絵画、音楽を電子送信等で利用する際の許諾手続きが不要になるようです!実際の現場はどう変わっているのか、お話を聞いてきました。 著作権法では、例外的に、著作権者等に許諾を得ずに、著作物を自由に利用できる場合を定めている。以下に、教育目的に関係する条項を引用する。(文化庁ホームページ「著作物が自由に使える場合」より) 教科用図書等への掲載(第33条) 著作権法第35条第1項. 「学校で新聞をコピーするとき、著作権の侵害にならないの?」という質問を先生からよくお聞きします。著作権法では、学校など教育機関における複製については「必要最小限とし、著作物を複製する場合はその出所を明示」すれば、著作権の侵害にはならないとしています。 著作権法では、例外的に、著作権者等に許諾を得ずに、著作物を自由に利用できる場合を定めている。以下に、教育目的に関係する条項を引用する。(文化庁ホームページ「著作物が自由に使える場合」より) 教科用図書等への掲載(第33条) 著作権情報センター(CRIC)は、著作権の正しい理解と、より良い著作権制度の実現を目指し、著作権思想の普及、著作権関連情報の収集・提供、研究会・研修講座、調査研究、国際協力・交流など多彩に活動しています。 3.著作権法の範囲内において、教育目的のために限定して、歌や映画などの英語表現を使います。引用先はその都度、示しています。また、テキストの外部への販売もしていません。これも、著作権法に基づいて、のことです。 話は変わりますが、 学校教育の目的上必要な限度内であること: エ: 放送等をしたことを著作者に通知すること: オ: 著作権者に「補償金」を支払うこと なお、この例外が適用される場合には、その著作物を「教材」に掲載(コピー)することも、例外の対象となります。 カ 塾や予備校に著作権法第三十五条(学校その他教育機関における複製等)の著作権の制限が適用されるか否かがポイントになりますが、「35条ガイドライン」では適用される機関として、文部科学省が教育機関として定めるところ、及びこれに準ずるところとされています。