年商1,000万円て、正直ビミョーです 開業する前は、士業で年商1,000万円と聞くと、『スゲー!』と思っていたのですが、実は年商1,000万円は大したことない、むしろすごく中途半端だと思うようになりま … 行政書士は食えるのか。それとも食えない職業なのか。これから行政書士を目指そうと考えている人にとっては非常に気になるトピックだと思います。そこで行政書士として生活できるか、について解説し … 現状、月会費17,000円の会費が5月から3か月間、15,000円になるようです。 新型コロナウイルスの影響による、会員である司法書士の収入の減少、および司法書士会の業務時間短縮などに伴う、サービスの低下などを理由に減額されることになったようです。 あとは会費を3ヶ月くらい前払いしたり、行政書士のバッジを購入したりで、結局20~30万円くらいになるのだ。 司法書士の登録費用 すぐに払うかどうかは別としても、全部を足し算するとだいたい30万円くらいになってもまったくおかしいことはない。 司法書士会費は結構高く、会によって異なりますが概ね20数万円です。 社会保険労務士は96,000円(月額8,000円)、行政書士は72,000円(月額6,000円)となります。

行政書士事務所の経営安定をバックアップする 2019年度版 行政書士倫理(日本行政書士会連合会)より (賠償保険) 第24条 行政書士は、依頼者を保護するために、職務上の責任について 業務賠償責任保険に加入するように努めなければならない。