MacBook にはポートが 1 基しかなく、このポートは USB-C 対応です。 iPad Pro 11-inch と iPad Pro 12.9-inch (第 3 世代) には、USB-C ポートが 1 つあります。iPad Pro の USB-C ポートの使い方については、こちらの記事を参照してください。 Anker USB-C & HDMI 変換アダプター 【4K/60Hz対応 / 新しいMacbook、iPad Pro 2018、Chromebook Pixel 他対応】 出版社/メーカー: Anker メディア: エレクトロニクス そんな時に、USB-Cからいろんな端子へ変換できるハブが大活躍します。 今回は、いまiPad Proを使い倒すうえで必須ともいえるUSB-Cハブの選び方のポイントとおすすめな製品をご紹介します。 スポンサーリンク. 目次. 最新のiPad Proで搭載されたことでも話題のUSB-Cポート。しかし、従来の周辺機器を使用するには「USB-C変換アダプター」が必要です。今回は、USB-C変換アダプターの選び方と、端子の種類ごとにおすすめのアダプターをご紹介します。 2018年発売の新しいiPad Pro 11/12.9にはイヤホンジャックがなくなり、USB TYPE-C端子が一つあるだけです。 前回の記事では、iPad Pro 11/12.9で有線イヤホン・ヘッドホンを使う場合には変換ケーブルというか変換アダプタが必要だというお話をしました。 Hyperブランドを展開している米サードパーティ製メーカーSanhoは現地時間2018年12月10日、iPad Pro (第3世代)のUSB-CポートをHDMIやSDカードリーダ、USB-Aポートへ変換できるUSB-Cハブ「HyperDrive for iPad Pro」の発売キャンペーンをクラウドファンディングサイトKickstarterで開始してい … 2018年に発売されたiPad ProからUSB-C端子が採用されました.USB-C端子には様々な周辺機器を接続することができ,iPadの可能性を無限に拡げます.どんなデバイスを接続でき,どんな性能を持つのか,オススメの周辺機器情報などもまとめてみました.